鹿児島リフォーム,リノベーション|LIXILリフォームショップ ベルハウジング 1 次世代住宅ポイント制度 – 株式会社ベルハウジング【BELL HOUSING】リノベーション事業部

2019.9.1

次世代住宅ポイント制度

受付中

Pocket

次世代住宅ポイントとは

2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げ後の住宅購入やリフォームを支援するため、新築は最大35万円相当、リフォームでは最大30~60万円相当の様々な商品と交換できるポイントを付与する補助金制度です。
「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象となりポイントが付与されます。
新築・リフォームそれぞれの予算は新築:1,032億円、リフォーム:268億円で、ポイント発行は6月3日から、ポイントの交換期間は10月1日~20年6月30日までと定されています。
発行は予算がなくなり次第終了となりますので、お早目のご相談がおすすめです。

ポイントで交換できる商品

付与されたポイントは1ポイントあたり1円相当の様々な商品等と交換できます。
詳しくはhttps://goods.jisedai-points.jp/jjp01/jjp/viewCategoryTop

家電から食品、防災グッツやベビー用品など、ここでは紹介しきれないたくさんの商品がございますので、ぜひ見てみてください♪

次世代住宅ポイントの実施期間

ポイント発行申請は2019年6月3日から開始しています
次世代住宅ポイント制度の対象期間は、消費税率10%が適用される「2019年10月1日以降に引き渡される住宅」であることが全てに共通する前提条件となります。
上記に加え、工事請負契約や売買契約、着工・着手の時期によって対象となる住宅が決まっています。

次世代住宅ポイント.jpg

対象工事

1.開口部の断熱改修
2.屋根外壁・天井または床の断熱改修
3.エコ住宅設備
4.バリアフリー改修
5.耐震改修
6.家事負担軽減に資する設備の設置
7.リフォーム瑕疵保険への加入
8.インスペクションの実施

次世代住宅ポイントでもらえるポイント数

リフォームを行う「世帯の属性」及び「既存住宅購入の有無」に応じて、
1戸あたりの発行ポイント数は、30万~60万ポイントが上限となっています。
若者・子育て世帯が中古住宅を購入してリフォームするとポイントの上限が60万ポイントになります。
※若者・子育て世代とは2018年12月21日(閣議決定日)時点で40歳未満、もしくは18歳未満の子供がいる世帯、又は申請時点で18歳未満の子供がいる世帯
なお、1申請あたりの合計ポイント数が2万ポイント未満の場合はポイント発行申請ができませんので注意してください。

対象となるリフォーム工事の内容については、下記のURLをご覧ください。
LIXIL商品での対象商品はこちら→https://www.lixil.co.jp/next/

タカラスタンダード対象商品はこちら→https://www.takara-standard.co.jp/reform/contents/jisedai.html

TOTO対象商品はこちら→https://jp.toto.com/products/jisedai-jutaku/

パナソニック対象商品はこちら→http://sumai.panasonic.jp/kokusaku/jutakushien/products/

その他詳しくは国土交通省のHPかをご覧下さい。→https://www.jisedai-points.jp/user/about/

また、こんなリフォームを考えているけれど、何ポイントもらえるの?などリフォームに関するお問い合わせはベルハウジングへお気軽にお問合せください(*’▽’)