非常食を食べてみました | 株式会社ベルハウジング【BELL HOUSING】リノベーション事業部 非常食を食べてみました – 株式会社ベルハウジング【BELL HOUSING】リノベーション事業部

2020.12.28

非常食を食べてみました

Pocket

こんにちは。ベルハウジングリノベーション事業部の須古です。
大掃除の最中に賞味期限が迫る非常食を見つけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は非常食を頂いたので、食べてみました!

S__23035914.jpg頂いたのは尾西の五目ごはん

お湯か水を注いで待つだけでできる五目御飯。
スプーン付きなので電気もガスも使えなくてもおいしくいただくことができます。

S__23035912.jpg

開けてみるとスプーンと脱酸素剤が入っています。お湯や水を入れる前に取り除きましょう!S__23035911.jpgお水を入れる前はカサカサ、ぱりぱりのお米とたくさんの具材が入っています。

S__23035910.jpg線まで熱湯を入れました。
今回はお湯をいれたので、15分しっかりとチャックをして待てば完成です!

S__23035906.jpg

会社でお昼ご飯の代わりに頂きました。

味は薄味でしたがしっかりと炊き込みご飯の味がします!
アルファ米を初めて食べましたが、そこまで違和感なく。炊き立てのご飯には勝てませんが、おいしくいただきました。
災害時の食事だったらとっても豪華に感じそうです!
量は260gとお茶碗2杯分とのことでしたが、これだけ食べるのであれば多すぎず、少なすぎず食べきりました。
S__23035913.jpg

今回非常食を食べてみて、最近の非常食はこんなにおいしくなっているんだとびっくりしました。
いろんな味が出ているので、もしも災害にあったときに、おいしい非常食を用意しておけば、少しだけほっこりできる食事の時間になりそうです!